治験バイトは魅力的なバイト?

9qbZZアルバイトを探しいている人は大変多いですね。学生さんを中心に今は正規採用でない方なども常にアルバイトを探しては仕事をしている状況でしょう。そしてアルバイトと言うのはいろんな職種、業態がるものです。レストランでのホールスタッフやキッチン補助の仕事から、家庭教師、交通整理、引越しの手伝い、、、、本当にいろんなアルバイトがあるものです。体を使う仕事もあれば、頭を使う仕事もあります。できれば自給や報酬が高い仕事をしたいと思うのは誰もが同じです。高額なアルバイトとなると、キャバクラなどの水商売や、危険な仕事など限られてくるものです。

何かを犠牲にするような仕事とも言えるかも知れませんね。そんな中、意外に楽に出来て、報酬も高いアルバイトがあります。それが「治験」です。「治験」とは、新しく開発された薬を実験的に飲んでみることです。製薬会社は、販売する前に実際に人に試してみて、その薬の効果や副作用を調べるのです。国の薬事違法にもありますが、医薬品として採用されるには、この治験をしなければなりません。この「治験」のアルバイトが大変に割りが良い仕事なのです。この「治験」は、単に薬を飲むだけでなく、最新の治療方法や専門医師による診察とアドバイスが受けられるのです。

また定期的に健康チェックをすることもできます。健康や医学、薬学に興味がある人にはピッタリなアルバイトでしょう。おまけに謝礼は高いですから嬉しいアルバイトと言えますね。自分の身体を使った実験ですからやはり報酬は高く、ほとんどのケースで10万単位のお金が払われているようです。ただし「治験」は東京を中心に募集されていますから、地方の方には機会がないかもしれません。東京在住で、高額なアルバイトを望む方は「治験」というものがあることを覚えておくといいでしょう。

96ZvL

◎「治験」のアルバイトは覚悟が必要?

高額なアルバイト、割の良いアルバイトとして紹介した「治験」ですが、良い事ばかりとはけして言えません。確かに報酬は高額です。しかし、単に高額なアルバイトというわけにはいかないのがこの「治験」です。例えば専門医の診察があります。これを健康診断になるから良いととらえる人もいますが、診察のために日にち、時間を空けないといけません。また、食事や運動の制限がかかったりもします。そして一番注意したいのが、副作用です。「治験」はこの副作用をチェックする仕事とも言えるのです。もちろん逆の、薬を飲むことでの効果ももちろんチェックします。

新薬ですから、その薬を飲むことでどうなるか。それがわからないから実験的に飲むのが「治験」なのです。自分の身体を使っての、開発された薬を試す、これが「治験」なのです。つまり副作用が出るという覚悟の上で「治験」をしなければいけません。高額な報酬だけを目当てにしていると、思わぬことが起きてしまうことになりかねません。ここが「治験」アルバイトの最大のデメリットでしょう。しかし、この「治験」は世の中のため、また医学の発展のためになる仕事です。そんな高い志を持っているならば、是非おススメしたいアルバイトと言えます。

6luz

◎高額な「治験協力費」は魅力です

開発された新しい薬はそのまま販売することはありません。実際に人が飲んで、どういう変化があるのか。よく調べなければなりません。それぞれの目的で開発される薬ですが、開発側の製薬会社が予想する効果がちゃんと出るのか。また効果はあるが、副作用が出るのか。出るとしたら、どんな副作用がでるのか。このような実験をしないことには、販売することは許されないのです。市販されている薬の説明書を見たことがあると思います。効能が何種類も並んでいますね。そしてまた、副作用の可能性も必ず書いてあるはずです。こんな症状が現れる可能性があると記しています。これが市販される薬なのです。開発された薬も、市販される前にちゃんと調べなければいけません。これが「治験」です。

とても大事なことなのです。そんな「治験」は、希望する人を募って行われています。まだ市販されていない、データがない薬を飲むのです。安心して飲むことは出来ないと言えます。だからこそ、その報酬は高いのです。「治験協力費」という名目で、実際に薬を飲んでくれた人に高額なお金が支払われるのです。「治験」は通院や入院という形で行われます。確かに開発されて市販されていない薬ですから、安心して飲むことはできません。しかし、医療機関のバックアップはしっかりとしていますから、万一具合が悪くなっても、心配はそれほどいらないと言えます。

こんな「治験」に多くの方が希望してくるのです。ただ東京近辺でないといけないですから、地方のかたは残念ながら出来ません。実際のところ東京のサラリーマンやOL、学生が多く参加しています。高額な「治験協力費」ですが、身体を張って仕事をするわけですから、ある意味高額なのは当たり前と言えるのかも知れませんね。

◎「治験」の安全性について

「治験」は開発された薬を、実際に一般化される前に、試して飲んで、その効果や副作用をチェックすることです。東京や東京周辺に住む方たちが、対象となり、実際に行われています。「治験」は高額な報酬が得られますから、割の良いアルバイトとして、若い学生や、サラリーマン、OLなどが「治験」に参加しています。報酬が高額な理由は、やはり自分の身体で、実験するところにあるでしょう。市販されている薬や医師に処方された薬を飲むのではないのです。まだ、効果、副作用がはっきりと確認されている薬ではないものを飲むのです。

そこには100パーセントの安全性はありません。命と引き換えにお金をもらう、と言うのはかなり大げさな表現ですが、そこのところは、「治験」に参加する人は心配でしょうね。「治験」に参加する人の中には、製薬会社がある程度、しっかりと作った薬だから、心配はしていないという人もいます。それよりも高額な報酬に惹かれているのでしょうか。ただ、「治験」をする側もそこら辺のことはしっかりと対応する準備が整っています。「治験」前、そして「治験」の時などもしっかりと体調の把握します。そして国の基準に沿って作られた「治験実施計画書」に基づいて、患者さんの体調を第一に考慮しながら「治験」は進められていきます。このように医療機関のバックアップも万全な態勢の中で行われますから、それほどに心配はいらないと言えるでしょう。

6yn5Q

◎「治験」の副作用の心配

「治験」は、高額な報酬があるからと、一部の方に人気のアルバイトとなっています。確かに与えられた薬を飲んで、入院や通院をしてその経過を見せるだけ。それでいいのです。こんな割の良いアルバイトはそうそうないでしょうね。しかし、心配になるのは、副作用です。「治験」で使われる薬は、開発したばかりのもので、まだ一般に出回っていないものなのです。それをアルバイトで集まった人が、実験的に飲むのです。その新しい薬の効果と副作用をチェックするのが「治験」ですから、「治験」のアルバイトを希望した人は、どちらにせよ、体調に変化が出てくるのです。だからこそ、報酬は高いのも当たり前と言えますね。さて、「治験」というと、どうしても実験的な行為と思ってしまいますが、それは違うようです。「治験」はあくまで最終確認のようなものなのです。副作用に関しても、すでに、治験を行う前に前臨床試験を行っているのです。その時点でその薬の副作用に関して、明らかになっているのです。ですから、副作用に関して、あまり心配をする必要はないのです。もしも万が一、副作用が出たとしても製薬メーカー側がバックアップ、そして医療機関のバックアップがありますから、心配いらないと言えます。

◎治験入院について

新しく開発された薬は、「治験」という検査を経て、一般に出回ることになります。この「治験」は、一般の方を募集して、実際に開発された薬を飲んで、その効果を確認する作業です。これは東京を中心にした関東地方だけでおこなわれているものです。自分の身体と時間を使うということで、その報酬はかなり高いものです。ですから、時間がある学生や若者、またサラリーマンやOLの方もこの「治験」に参加しているのです。「治験」で薬を飲み、通院または入院をして、薬の効果を見ていくわけですが、特に入院となると、かなりの時間が拘束されることになります。

しかし、逆に言えば、高額なアルバイトをしながら、病院でゆっくりとできる、そう考えることが出来るのではないでしょうか。「治験」のための入院ですから、治療をするわけではありません。ですから一般の入院生活のような苦痛がありません。検温、そして薬を飲む。おまけに1日3食の食事も用意されています。これが「治験」の入院生活です。自分の時間がたっぷりあるわけです。ただ、身体を使って運動するわけにはいきません。ベッドの上で、寝ながらできること。大いにできるのです。例えば読書好きには、たまらないアルバイトではないでしょうか。今まで忙しくて読む時間がなかった大作に挑むくとも出来ますね。

何冊も何冊も読む時間があることでしょう。本嫌いで、漫画好きな方も「治験」の入院で自分の好きな漫画本を思いっきり読むことが出来ます。最近はゲームをする若い人が多いですが、それも良いでしょう。またパソコンを持参すれば一日中ネットサーフィンが出来ますね。時間はたっぷりあるのです。「治験」の募集に応募する時には、どんなことをして時間を過ごそう、そう考えてみるといいでしょうね。仕事の息抜きに「治験」を利用するのもいいかもしれません。休息しながら、高額な報酬を得ることが出来るわけです。興味のある方は、「治験」に応募してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>