世の中のために「治験」のボランティアへの参加

52KW
薬が新しく開発された際に必ず必要になるのが「治験」です。開発されていきなり、市販されたり、医療機関で処方されることはありません。開発されてから、世の中に出る前に必ず実験が行われるのです。実際に誰かに飲んでもらって、予想通りの効果がでるのか。また副作用はどんな症状として出てくるのか。しっかりとチェックされた上で、薬として一般に出回るのです。その実験が「治験」と言われるもおなのです。医学の発展のために新薬の開発は欠かせません。世の中のために効果がある薬の開発はとても重要なことなのは、多くの方が理解できることでしょう。ですから、この「治験」に自分から進んで参加する人もいるのです。

「治験」では、医師などの医療機関のバックアップが万全になっています。もちろん副作用が現れた場合には、医師の適格な処置を受けることになります。また「治験」のために、時には入院をしたり、通院をすることになります。自分の身体を使っての「治験」ですから、ひょっとして体調が悪くなってしまう心配もあることでしょう。しかし、それも承知の上で「治験」をする人には感謝したいものですね。確かに「治験」ボランティアとか、「治験」アルバイトと呼ばれ、実際に高額な報酬を受け取ることになります。ですから特に東京や周辺の学生や、サラリーマンやOL、中には自営業の方なども参加しているようです。稼ぎたいからという理由での参加も実際には多いようです。しかし、このような方の「治験」の協力、参加で、我々は新しい薬を安心して飲めるようになるのです。

◎「治験」にはいくつものタイプが用意されています

医療機関、特に大学の病院などは、インターンの見習いの医師は、何かと練習をする必要があります。まったく経験のない医師が手術を任されることなどありません。苦しいと言われている胃の内視鏡検査なども、大いに練習が必要です。胃カメラの検査でとても若い先生にしてもらったという人もいることでしょう。はっきり言って上手ではなかったのではないでしょうか。現在名医と呼ばれている医師も最初はインターンだったのです。そこから、人を実際の練習台として、経験を積み、熟練の医師となっていったのです。薬も同じです。開発されえた薬を直ぐに処方されることはありません。実際に人で試してみることを経て、初めて一般の薬として世に出るのです。そこには「治験」という実験が必ず行われています。「治験」をして、その薬の効果や副作用についてよく調べ上げてから、国が認可するわけです。「治験」そのものは、一般の人を募り、実査に薬を飲んでいただき、その変化を見ることになります。身体を使っての「治験」ですから、参加する方への報酬額はかなり高額になります。それは当たり前と言えますね。さてこの「治験」ですが、いくつかタイプがあるのです。各個人の体調によってわけられることになります。健康体の人には入院をしてもらい、ジェネリック医薬品などの安全性を検査します。そうでなく、

少し危険性のある予備軍の人は、健康食品やサプリメントのモニターをします。

治療が必要と判断されたような患者さんには、通院をして新医薬品の効果を検証します。まったく同じ条件の人ばかりでは、薬の効用や副作用も同じようなものが出てくる可能性もありますから、幅広い、違うタイプの人に同一の薬を飲んで試しています。人により体質は違います。詳しく知るためには、より多くの、違ったタイプの方に飲んでもらう必要があるわけです。

◎一定の条件を満たしていなければ「治験」が出来ません。

「治験」は、開発された新しい薬の効果、そして副作用を確認する作業です。これは薬を販売、または処方する上でとても大事なことです。製薬会社がしっかりと目的をもって作った薬なんですが、実際に人が飲んでみて、予定通りに効果がでるのか。また可能性がある副作用が、これも予定通りにでるのか。副作用の度合いはどれくらいなのか。いろんなことをチェックするのです。そうして初めて薬として世に出回るのです。「治験」は大変重要であり、また医学の発展のためにも必要な作業と言えます。当然ですか、身体を使っての実験ですから、「治験」に参加する人への報酬は大変高くなっています。これを割の良いアルバイトとして割り切って参加する若者も多いですし、またサラリーマンやOLも多く参加しています。これからガッツリお金を稼ぎたいなんて言う人にはおススメのアルバイトと言えます。しかし、全員が「治験」に参加できるわけではありません。まずは、東京、あるいは東京周辺の住まいの方しか出来ません。そしてこの他に、以下のような条件があります。
○大きな手術をした事がない人
○喘息持ちでない人
○アレルギーのない人
○大きなタトゥーを入れてない人
○先天的異常のない人
○歯が健康である人
○ヘルニアや偏頭痛を持っていない人
○難聴でない人
○薬を処方していない人
○口元にピアスをつけていない人

このような条件があるのです。
条件をクリアしている人ならば、「治験」に参加して、ガッツリ稼ぐことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>