治験への参加と喫煙・運動の関係

5sRE6

◎喫煙
「治験」は一部の若い方に人気のアルバイトのようです。学生やフリーター、中にはサラリーマンやOLの方も参加されています。このアルバイトの人気の秘密は、その報酬の高さでしょう。おまけにゆっくりと自分の時間が使える入院が出来るのです。入院といってもどこか悪いところを治療するわけではありませんから、苦痛などありません。開発された薬を飲んで、毎日検温し、採血をするだけです。あとは、食事をし、時間を潰すだけです。こんな割の良い仕事はそうそうないのではないでしょうか。ただし、まだ世の中に出ていない薬を実験的に飲むんですから、不安はあることしょう。しかし、万全の医療体制の中での「治験」ですから、そんなに心配はいりません。「治験」に参加される場合、事前検査に受かることが必要です。体調を整えた、検査に臨みましょう。その時に注意すべきことがいくつもあります。もちろん体調が悪ければ話になりません。アルコールも抜くことが必要です。1週間前からは飲むのを止めて、肝臓を休めてください。そして運動も控えます。運動は筋肉の細胞を破壊しますから、検査前は控えましょう。そして喫煙。これも注意が必要です。喫煙に含まれるニコチンが検査に引っかかってしまうのです。タバコを吸わなくても、タバコの煙を吸い込むような環境にいても、これは同じです。体内にニコチンを入れてしまっているのですから、検査は通りません。もしタバコを吸っている方は、検査の1週間前からは禁煙しましょう。同様にタバコを吸わない人もタバコの煙の充満しているところに行かないようにしましょう。残念ですが、禁煙できない、また禁酒できないという人は「治験」に参加できないという事です。

◎運動
開発されたお薬を摂取し、効果や副作用の経過を見守っていく「治験」。自分の身体を使ってその効果や副作用をチェックしていきます。そのために、「治験」に参加すると、かなりの報酬が支払われます。「治験」の内容にもよりますが、
一つの仕事で数10万円もの金額が支払われます。実際の「治験」では入院したり、通院しながら経過を見ます。中でも入院しながらの「治験」となると、1日のほとんどの時間が自分の時間になり、かつ高額な報酬が貰えますから、薬に対して不安はあるでしょうが、大変割の良いアルバイトになるのです。

そんな魅力的なアルバイトの「治験」ですが、誰でも参加できるわけではありません。事前検査に合格しなければなりません。
この事前検査で、もしも少しでも数値がおかしかったりすると、参加は出来ません。体調が良くても、入れ墨をしていたり、日焼けをしている人は参加できません。注意が必要です。そしてもうひとつ、注意したいのが「運動」です。軽い運動ならば、影響はないでしょうが、筋肉トレーニングや、長いジョギングやウオーキング、そしてマッサージなどは控えなければいけません。今挙げたものは、筋肉を刺激して筋肉細胞を壊してしまいます。そうなると血液検査の結果に影響が出る可能性があるのです。よく運動する人は気を付けてください。できれば検査の1週間前から運動を控えるようにしましょう。せっかく待遇の良い仕事につけるチャンスです。確実に事前検査に合格するように、検査前は運動は控え、またアルコールなども控えて、体調を整えておきましょう。

◎「治験」事前検査当日の注意事項

昭和の初期。貧しい人が、自分の血を売ってお金をもらい、なんとか生活をしていた。そんな話を聞いたことがあります。そこまで大変ではないのですが、「治験」も自分の身体を使ってする仕事です。ですから、その報酬は大変高額になっているのです。おまけに実際に「治験」をしてみると楽ですから、若い人には人気のアルバイトとなっているようです。学生やフリーター、サラリーマンやOLの方など多くの方が「治験」に参加しています。ただ東京近辺の人に限られてしまうのが、難点でしょうか。また、誰もが「治験」に参加できるわけでもないのです。「治験」に参加できるかどうかは、事前に行われる健康診断にっかかってきます。この事前検査で合格すれば、高額なアルバイトに就けるのです。検査を無事に通るためには、アルコールとタバコは1週間前から止めなければいけません。また、運動にも注意が必要です。そうして検査当日を迎えるのですが、当日も注意事項があります。以下のことに注意しください。

○起床してからは、コーヒーや紅茶などは飲まず、水か麦茶を飲むようにします。

○朝ごはんは軽くとるようにしましょう。おにぎりなら二個までにしてください。

○もちろんですが、タバコは絶対に吸わないこと。

「治験」は大変割の良い仕事です。また世の中に役立つ仕事です。参加できるように、注意事項は充分に守るようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>